空船がヒーリングを通してサポートできること

空船がヒーリングを通してサポートできること

 

全ての答えは、自分自身の中にあります。

 

しかし、あまりに疲れていたり、心に痛みをもたらす思考パターンがあると自分の本当の気持ちが見えなくなることがあります。

 

ヒーリングは疲れた心身を癒し、 不要な思考パターンを手放すことを手助けしてくれます。

 

大きな変化や変容を迎えている時は、特に体調を崩したり、気が滅入ったりするものです。

人生の岐路では、それだけ沢山のエネルギーを消費します。そんな時は、一休みして精気を養いましょう。

 

心が惹かれたセラピーがあれば、それをお受けになることもお勧です。惹かれるということは、自分に必要な経験が待っているというサインでもあるからです。

 

空船では、疲れを癒し、内なる旅がよりスムーズに行くように応援いたします。逆に、ご本人に代わって答えを見つけることは出来ません。


セラピーの選び方~迷った時~

 

世の中には、幸せや健康に役立つ素晴らしいセラピーが各種存在しています。時には、どれがいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そういう時は、ちょっと頭を休めて、自分の身体の緊張や心の動きに注目してみてください!

 

最終的には、頭(理論)ではなく、感覚的に(直感、感情、気持ちなど)自分の心が惹かれるもの、ピンときたものなどを選ばれると、その時の自分に必要なものに出会える確立が高まると思います。

 

なんかモヤモヤして、決断しきれないときは、ちょっと時間を置いてみるとよいでしょう。

その方が、よりよい選択肢が見えてきたり、よりベストなタイミングで出会うべきものに出会えるはずです。

 

実は、申し込む段階からすでに癒しや変化のプロセスは始まっています!もうそこに向かって動き出しているのです!ですから、ヒーリングを受けたくなった時は、その過程や、セッションを迎えるまでの期間も、大事な旅の一部です^^ぜひ魂との二人三脚を楽しんでくださいね♪


体と心について

 

私たちの身体は、心と深く結びついています。例えば、こんなご経験はないでしょうか?

緊張した時、肩が凝ったり、失恋したときハートが痛くなったり、悩み苦しんだ時、頭痛がしたり…。こうして見ると私たちの身体は、心の緊張やストレスととても密接に関係しています。

 

感情やストレスは、無意識の内に身体に緊張をもたらします。そうした状態が長期化すればするほど、肉体への影響は大きくなります。

 

 『病気や症状は一日にして成らず』です。

 

心地よくない感情や思考のエネルギーは私たちの心身を重くし、身体機能を低下させます。これを放置したり、我慢し続けているとなかなか消えない慢性的な症状を引き起こし、やがて無視できない存在となっていくのです。

 

身体は、症状を通してこんな風に私たちに訴えてきます。

「本当の気持ちを見て!」

「自分らしく生きたい!」

 

空船では、そのようなエネルギー状態にある人が、自らの力によってその状況に愛と癒しをもたらし、変容が成し遂げられるように全力でサポートします。


自分を信じて

 

私たちは光を携えてこの星に生まれ立ちました。

自分の奥深くにある魂のエッセンスを表現したいと願っています。

 

自分の中にある光を信じて。

自分の中にある答えを信じて。

自分の中にある強さを信じて。

自分の中の光を信じて

ただ違いがあるのみ

 

私たちの魂の故郷は、ありとあらゆる存在全ての故郷。

 

大いなる源から派生したエネルギーが、どんどん分化していく中で、無数の次元が生まれた。

 

そして、様々な性質や特徴、役割を担った存在が生まれた。

 

おおなる源から、派生し、分化し、遠ざかっていくと、やがて個性が生まれる。

 

魂の世界には上下や優劣は存在せず、ただ違いがあるのみ。


インスピレーションは魂からのメッセージ

 

まだ小さかったので3、4歳のころかな?一人で遊んでいる時、砂利道ですっ転んで膝をガリっと擦りむいてしまいました。痛いわ、血は出るわ、びっくりして泣きべそ状態です。

 

その時、ふと、足元に生えていたある葉っぱが目に入り、それをすり潰して傷口に塗ってはどうか?という衝動に駆られたのです。

 

そんなことして大丈夫なのかな?と相当ドキドキ葛藤したのを覚えています。しかし勇気を出してその葉をつみ、指先ですりつぶし傷口に塗りました。

 

すると、すぐに血が止まり、無事に家に帰れました。そして傷の治りも早かったので、これはよく効くんだ!!と、その体験から学習しました。当時、薬草なんて概念はなかったと思いますし、それがヨモギだということも知りませんでした。 

今から思うと、あれはスピリットガイドが教えてくれていたのかなと思います。(前世なども関係しているのでしょうが)

 

こういったエピソードは、大人になるうちに忘れてしまう人もいるかもしれませんが、小さい頃は誰しも、見えない存在とつながりが強くインスピレーションも沢山受けているものです。皆さまも、誰に教わったわけでもないのに知っていたことってありませんか?あるいは初めてとは思えないくらい習得が早かったことなど。魂の片鱗は至るところにあります。見つけてみてくださいね!

 

あ、そうそう、何も根拠がなくても心に何度も響いてくるアイデアがあったら、ぜひ勇気を出して試してみてください。魂が教えてくれているのかもしれません。自分を信じて!

ヨモギ
ヨモギ

大事なまわり道

もっとああすればよかったんじゃないか?

あっちにすればよかった。

後悔が押し寄せるときがある。

 

確かめようがないけれど、どの道を選んだとしても、きっと必要な経験をするだろう。

 

同じ場所で、同じことを体験しても、人それぞれ受け止め方や感じ方が違う。

万華鏡みたいな世界。

どっちを選択しても、どの道を通っても、結局自分しだい。

とても重要なサインが現れれたとしても、それに気づける自分でなければ、ただ通り過ぎてしまうだろう。

必要があれば、きっとまたいつか巡り会う。

その時が来たら、大切なことに気づける自分になっていよう。

 

そうやってコツコツ自分を磨くための大事な回り道。必要な時間。


遠い音楽/zabadak  

時には立ち止まって地球の歌うメロディに耳を澄まそう。そんな大事な時間を思い出させてくれる歌。


ウロボロス

ウロボロス

自分の尾を飲み込もうとしている龍もしくはヘビ。

「我が始まりに我が終わりあり」

 

終わりのない旅のシンボルです。

一つが完結すると、また新しい形の何かが始まります。

 


エメラルド碑文

 

それは真実にして偽りなく、

確実にしてこの上なく真正である。

 

唯一者の奇跡が成されるとき、

下なるものは上なるもののごとく、

上なるものは下なるもののごとくである。

 

万物が一者からただひとつの作用によって生じた。

太陽はその父、月はその母。

風はそれを己が胎内に宿し、

大地はその乳母である。

 

それは万象の完全なる父であり、

その力は大地の上に限りない。

 

ひとたび力をふるえば、

土から火を、粗から精を分離する。

 

それは大地から、静かに、

たくみに天に昇り、たちまち降りて、

優なるものと劣なるものの力を取り込む。

 

こうして全世界の栄光を己がものにし、

闇は全てから離れ去るだろう。

 

それは万物の最強者である。

すべての精に勝ち、

全物体に浸透するがゆえに。

 

世界はかくのごとく創造された。

 

われはヘルメス・トリスメギストスと呼ばれる。

世界の叡知の三部分を備えるがために。

太陽の働きについて、われは言うべきことをすべて語りつくした。

 

Everyday Alchemy チェリー・ジクリスト著より引用